子供カルシウムサプリ

子供たちはカルシウム不足なのです。

カルシウム不足の子供たち

 

 

子供達の健やかな成長には、さまざまな栄養素を食品を
バランスよくとることが大変重要です。

 

その中での子供の成長期に欠かせない栄養素はカルシウム
五大栄養素の中のミネラル類に分類されています。

 

そんな重要な栄養素のカルシウムですが

 

1日に必要なカルシウム量を子供はしっかり摂れていますか?

 

 

との問いに

イエス! 

と答えれる親御さんはまずいません

 

 

カルシウムは成長に必要不可欠な栄養素でありながら、
実は不足しがちな栄養素なのです。

 

そんな重要な栄養素のカルシウムは子供の骨や歯などの
形成に欠かす事のできない栄養素です。

 

しかし、好き嫌いの影響もあり子供達の大半が
カルシウムを十分に摂取できず不足しているのが現状です。

 

また、カルシウムは小腸からの吸収率が他の栄養素に比べ非常に悪く、

724385.jpg

一度に大量にカルシウムを摂ることが非常に難しい栄養素です。

 

 

「日本人の食事摂取基準 2015年版」によると12〜14歳では、

カルシウムの推奨量を男子1,000mg、女子800mgをとしています。

 

しかし実際の摂取量はといいまと男子667mg 、女子607mgと
推奨量を大きく下回りカルシウム不足がはっきりと分かります。

 

ではこのカルシウム不足を改善するにはどうしたらよいのか?

 

カルシウムの不足分を食事で摂取しようとすると
食事量はかなり増えてしまいカロリーオーバーが気になってきます。

 

栄養のバランスを考え毎日必要量を効率良く補うことが大切です。

 

そんな時は毎日の食事にカルシウムのサプリメントをプラスして
少しでも不足なカルシウムを補うのがおススメです。

 

子供たちの平均身長推移にもカルシウムなど栄養素が関係しています。

 

最近の子は脚が長くなった

 

足がスラっとして身長が高い子が多い・・・

 

と感じている方は多いのではないでしょうか?

 

文部科学省の学校保健統計調査の統計結果では
例えば10歳男子では100年間でプラス15cm、
10歳女子でプラス16.4cmも伸び

 

明らかに背が高くなってきていることが分かります。

 

最近の子が手足が長く見えるのも当然なのです。

 

100年の間にいったい何が起きたのでしょうか?

 

DNAの変化?

 

DNAは100年足らずで変化は起きにく
その身長が伸びた背景にはやはり生活習慣の栄養素が大きく影響しているといいます。

 

100年前に比べ食生活は大変充実しバランスが良くなりました。
それによって豊富な栄養素を摂取できるようになり身長が伸びたのです。

 

 

しかし・・・豊富な栄養素を摂取できる時代ですがカルシウム不足なのです・・・

 

子供達の激しい好き嫌いなどの偏食、アレルギー問題・・・

523716.jpg

 

運動不足などによる小食・・・

 

ストレス・・・

 

 

など多くの問題が飽食の時代に栄養不足なのです。 

 

とくにカルシウム不足!

 

子供達の成長に欠かせないカルシウムが不足なのです。