子供カルシウムサプリ

 

7474711.jpg

高校生までにカルシウムを取り貯蔵しよう!

 
それは何故?

 

それは骨や歯が「カルシウム銀行」と呼ばれているからです。
はじめて聞いた方もいらっしゃるかと思いますが

 

骨や歯はなんと、体内のカルシウムの99%を貯蔵しています。
99%ほぼ全部のカルシウムが骨や歯に貯め込まれていて
残りの1%は血液中に存在しています。

 

652014.png

 

血液中のカルシウム量が減った時には骨や歯からカルシウムを補給して
血液中のカルシウムの量を調整して、常に一定に保ってくれています。

 

貯金して足りないときは引き出す・・・

 

まるで「カルシウム銀行」ですよね

 

しかし、「カルシウム銀行」に貯め込むことができるは期限があるのです。

 

高校生くらいまでにカルシウムを貯め込まなければならないのです。

 

成長期を過ぎると骨や歯にはカルシウムを貯める事が出来ず
引き出すことしかできなくなるのです。

 

その為、高校生までに「カルシウム銀行」しっかりと
カルシウムを貯める必要があるのです。

 

ではどうしたら「カルシウム銀行」にしっかりカルシウムを貯金できるのでしょうか?

 

 

カルシウムが体内に入ってきたに、血液中のカルシウム量が満タンに満たされていたら
満タンだから血液の方は大丈夫! 」と判断し「カルシウム銀行に貯めておこう! 」とカルシウムを貯めていきます。

 

カルシウムを摂り体内に入ってきたに、血液中のカルシウム量が足りない場合は
まず血液のカルシウムが優先的に満たそうとします。

 

その時に子供が好き嫌いをしてカルシウムの含んだ食事をしなかったとしたら、
骨や歯のカルシウムを引き出し血液中に送ってしまします。

 

それで貯まっていたカルシウムは次第に減り骨や歯から骨を固くする成分である
カルシウムが減ってしまいスカスカになってもしかたありませんよね?

 

607076.jpg

骨密度の低下って聞いたことありますよね?
 
 
このスカスカの事ですよ。

 

 

ダイエットしたい成長期の女の子は要注意ですよ!

 

特にカルシウムをしっかり吸収しなければならない時期の
小学校4年生から中学3年生くらいにダイエットなんてもってのほかです!

 

でも女の子がダイエットに興味をもつのもこの成長期なので困ったものです・・・

092966.jpg

 
ダイエットを止めなさい!

 

と言ったって止めないものは止めない・・・

 

そんな時はなるべく摂取カロリーを抑えバランスよい食事を摂らせ
子供カルシウムサプリなどで効率よくカルシウムを摂らせるのがよいと思います。

 

 

子供の成長や健康のためには、必要十分なカルシウムを摂り、
しっかりとカルシウムをカルシウム銀行に預けておくことが大事ですね。

 

それも学生から高校生までの成長期に・・・
 

711701.jpg

 

 

 一生涯の健康の為です後悔しないようにカルシウムを貯蓄