子供カルシウムサプリ

子供カルシウムサプリランキング!

 

 

1日に必要なカルシウム量を子供はしっかり摂れていますか?

 

十分に摂れている! って

047197.jpg

 

言える親御さんはあまりいないですよね?

 

 

 

周りに比べて背が小さい・・・

 

背を伸ばしたいけど食べ物の好き嫌いが・・・

 

子供たちの切な悩みです・・・

 

身長はカルシウムって思っている方も多いでしょう
しかし、身長はカルシウム以外の栄養素も
バランスよく摂取されなければ意味がありません

 

 

 

しかしお母さん達は・・・

 

毎日の献立の栄養バランスを考えるのは面倒で大変・・・

 

そこで、子供カルシウムサプリです。

668291.jpg

 

子供の成長に必要なカルシウムをはじめ

いろいろな栄養素をバランスよく摂取する事ができます。

 

特にランキング1位のアスミール
カルシウムの吸収を最大限に高めた
独自配合のトリプルカルシウムの配合など
カルシウムをの吸収にとことん拘っています。

 

その他の栄養素もバランスよく配合され
子供カルシウムサプリは子供の成長期をサポートします。

 

632579.jpg

子供の栄養状態が気になる・・・

 

他の子よりも成長が遅いのでは・・・

 

好き嫌いが激しく食べるものがない・・・

 

そんなときは

 

普段の食事 + 子供カルシウムサプリで

 

栄養バランスを整えましょう!

 

子供カルシウムサプリならお母さんも

317881.jpg

 

毎日の献立の栄養バランスを考える手間を軽減できます。

 

一度、子供カルシウムサプリを試すのもよいでしょう。

 

 

 

子供カルシウムサプリランキング!

アスミールの特徴

『アスミール』は、子供の激しい好き嫌いや成長期の栄養補給にいつも悩なやんでいるお母さんのために開発されました。
『アスミール』はとにかく吸収力がいい!と評判の「トリプルカルシウム」配合しています。
なんと!1日1杯で必要栄養素の約80%が摂れ、ココア味なので牛乳嫌いな子でも 飲みやすいです。

価格 4,102円
評価 評価5
備考 定期で初回半額2,050円 お得な5大特典付!
アスミールの総評

1日たった1杯飲むだけで1日の主要な栄養素の約80%が摂取でき 吸収力がよい「トリプルカルシウム」が新配合です。
さらに成長ホルモンを活性化させる最適配合「ZAPバランス」を採用し、 DHA、11種類のビタミンもバランスよく配合しています。
もちろん安全にもこだわり国内工場で国内製造原料のみを使用。
ココア味なので牛乳嫌いな子でも飲みやすいです。

せのびとーるの特徴

『せのびと〜る』はお子様向けのタブレットタイプの成長応援サプリメントです。
成長に必要な栄養素、「アルギニン」「BCAA」「ボーンペップ」「カルシウム」配合。
7種類の味でおいしく召し上がれます。
モンドセレクション2016年度、銀賞を受賞!

価格 6,300円
評価 評価4.5
備考 今だけ初回特別限定84%OFF980円! 限定特典トクトクコース
せのびとーるの総評

他の子供向けの成長応援サプリメントは粉末を水や牛乳等で溶かして作る ドリンクタイプが多いのですが、『せのびと〜る』は作る手間・片づける手間を無くす為に いつでもどこでも気軽に食べれるタブレットタイプで楽々です。
味も全部で7種類と豊富で、どれも子供たちに大人気の味です。

ノビルンの特徴

『ノビルン』は成長期の子供をもつお母さんの声から誕生した、子供向けのサプリメントで 子供の成長期に必要な栄養素をバランス良く配合しました。
こだわりは黄金バランス!
バランスの良い成分配合と子供に人気のラムネ味で美味しく続けられます。
基準GMPの日本国内認定工場で製造しています。

価格 6,900円
評価 評価4
備考 今だけ初月71%OFF1,980円! 送料無料
ノビルンの総評

『ノビルン』はタブレットなので、手軽にいつでもどこでも摂取できます。
何かに混ぜたり片づける手間がないので楽です!
牛乳代も不要ですが美味しいのです。
毎日美味しく続けられます。

カルシウムグミの特徴

『カルシウムグミ』は子供が大好きなヨーグルト味のグミタイプ!
子供の栄養バランスを徹底的に追求して「カルシウム」「マグネシウム」「亜鉛」「ビタミンD」を配合。
子供たちの大好きなグミで美味しいヨーグルト味!

価格 7,797円円
評価 評価3
備考 安心の全額返品返金保証制度! お得なセット!
カルシウムグミの総評

子供が大好きなヨーグルト味のグミタイプの栄養機能食品。
子供の身長でお悩みのお母さんにオススメで美味しく食べれて、カルシウム補給ができます。

フィジカルBの特徴

『フィジカルB』は子供の成長期に必要な栄養素のバランスを考えた栄養補助ドリンクです。
子供の成長に不安を抱えている同じ年齢の子より背が低いので不安を抱えている・・・
そんな子供の大切な成長期の悩みをサポートします。

価格 9,900円
評価 評価2.5
備考 全額返金保証付! 1回でも中止OKのコース!
フィジカルBの総評

『フィジカルB』はスピルリナを初めカルシウム、マグネシウム、難消化デキストリンなど 子供の成長期に必要な栄養素のバランス良く配合した栄養補助ドリンクです。
食事で不足した栄養素を補給できます。

成長期のお子様はカルシウム不足に注意!

 

子供が成長する」ってどういう事?

 

子供の身体が大きくなるという事は当たり前ですが骨が成長し伸びるという事です。

 

1272539.jpg

「親の遺伝で子供の成長が左右される」と昔から言われていまが

それよりも栄養など食生活が深く影響しているようです。

 

子供の骨の軟骨部分には成長線といわれる
骨端線」が全ての骨の両端にあります。

 

知っていましたか?

 

その「骨端線」が成長する事により骨が成長していきます。
思春期を終えると骨端線は固い骨となり骨の成長がなくなります。

7496131.png

 

男子で17〜18歳 女子で15〜18歳と思春期を終える時期は個人差はありますがそれまでは骨端線は成長し続けるのです。

 

体内の骨や歯にカルシウムの99%が貯蔵されているのです。
残り1%が血液中に存在して血液中のカルシウムは常に一定量になるよう保たれています。

 

もし血液中のカルシウムが減ってしまい一定量保てなくなった場合は
骨や歯から貯蔵していたカルシウムをドンドン引き出し、血液中に送ります。
結果、カルシウム不足は骨や歯をスカスカにしてしまうのです。

 

しかも、カルシウムを骨や歯に貯めておけるのは高校生くらいまでなんですよ。
骨密度のピークも同じように高校生くらいが一番高く
その後はどんどん骨密度が低下していきます。

 

 

栄養」「睡眠」「運動」は子供にとっては大変需要な要素で
もちろん骨端線の成長にも欠かせない重要な3つの要素なのです。
その中のどれか一つが不足しても骨の成長に影響します。

 

成長をもう少し意識して生活してみませんか?
そうする事で骨、骨端線の成長を促し子供が成長していく事に繋がっていくのです。

 

しかし現代の子供達は「栄養」「睡眠」「運動」どれを見ても不足している状況です。

 

 長時間のテレビ
 インターネット
 ゲーム
 スマホ
 毎日のように塾通い・・・

これでは睡眠不足になってしまいますよね?

 

遊びはテレビ、インターネット、ゲーム、スマホばかりで
身体を動かす遊びなんて殆どしない現代の子供たちどう見ても運動不足です。

 

 さらには好き嫌いが当たり前!
 学校の給食だって残し放題!
 家庭でも好き嫌い!

 

多くのインスタント食品、スナック菓子によって偏った栄養・・・

154149.jpg

 

これじゃ成長に必要な栄養摂れていませんよね?

 

成長期はあっと間に過ぎ去ってしまいます。
日々の生活習慣を見直す事で成長の可能性は広がります。

 

 

骨の成長、骨端線の成長にはカルシウム・マグネシウム・亜鉛・タンパク質が
重要な栄養素となりお肉や卵などに多く含まれているタンパク質は食事から摂取しやすい栄養素ですが、
カルシウム、マグネシウム、亜鉛に関しては、普段の食事だけでは不足になりがちな栄養素です。

 

その中ではカルシウムの吸収は非常に悪く好き嫌いの多い現代の子供達にとって不足している栄養素です。

 

子供の成長、すなわち骨、骨端線の成長に大きな影響が出ないように
子供カルシウムサプリなどで栄養補給をしましょう。

 

 

 

カルシウム十分に摂れてる?

 

多くの栄養素の中でも特に「カルシウム」は成長期に必要栄養素の一つです。

 

カルシウムは牛乳をはじめヨーグルト、チーズといった乳製品に多く含まれていますが、

 

 牛乳が苦手な子供

 

 乳製品のアレルギー
 
 牛乳を飲むとお腹が調子悪くなる・・・

 

といった事情から牛乳が積極的に飲まれていないのが現状です。
その為、多くの子供たちは成長に必要なカルシウムが不足しています。

 

では子供達の成長に必要なカルシウムの摂取量はどれくらい?といいますと。

 

小学生の高学年ではカルシウムの1日の摂取量が男子が700mg、女子が750mgと一時的に女子の方か゛男子よりも上回っています。
しかもこの女子のカルシウム摂取量は一般の女性よりも多いのです。

 

よく小学生の高学年では女子のほうが男子よりも背が伸びるのは
このカルシウムの摂取量の影響でしょうか?

 

それに対して中学生になるとカルシウムの1日の摂取量か゛男子が1,000mg、女子が800mgと今度は男子の方が多くなります。
この男子のカルシウム摂取量は一般の男性のカルシウムの摂取量よりも多いのです。

 

この事からやはり中学生の成長期には大量のカルシウムが必要となってくるのが分かると思います。

 

小学生高学年から中学生にかけては男子、女子ともに多少時期はズレはありますが成長期であり
日々活発に活動し1日に必要なカルシウムの摂取量は最大となります。

 

そんなカルシウムは骨や歯の主成分で身体をつくる上で基礎となる栄養素です。

 

カルシウムミネラルなどの栄養素は骨や歯に蓄えられます。

225690.jpg

やがて骨密度が高まり、丈夫な骨になります。

 

しかし、このカルシウムを蓄えるにはベストな時期があり
いつでもカルシウムが蓄えられる訳ではありません。

 

カルシウムが蓄えられるのは高校生の成長期くらいまでで
その後は残念ですが減少の一途をたどります。

 

将来の自分の健康の為には成長期にしっかりとカルシウムを蓄えておく事
いかに重要かが誰にでも理解できるはずです。

 

しかし、好き嫌いやアレルギー体質などの理由からカルシウムが絶対的に不足して子供たちは

 

なんと!毎日牛乳1杯分ほどのカルシウムが不足していると言われています。

 

あなたは

 

カルシウムが十分に摂れる食事」+「牛乳1杯分」を毎日続けられますか?

 

 

 

 

簡単なようで続けるのはなかなか大変な事です。

 

そこで生活習慣、アレルギー体質などで日々の食事から不足したカルシウムを補うには難しいので
普段の食事に加えてカルシウムのサプリメントで補給するのが適切だと言われています。

 

 

ビタミンDってカルシウムと相性バッチリです!

 

ビタミンDってよく聞く名前だけどどんなビタミン?
 
脂溶性ビタミンとも呼ばれ脂質と相性の良いビタミンです。

 

ビタミンDは細かく分けると2つに分けることができ
ビタミンD2とビタミンD3に分けられます。

 

野菜など植物性食品にはビタミンD2は多く含まれ 肉や魚など動物性食品には
ビタミンD3が多く含まれ人間の身体では効率よく利用されています。

 

特に日々成長している成長期の子供には欠かすことのできない栄養素で
カルシウムとは大変相性のよい栄養素です。

 

ビタミンDがカルシウムと相性が良いのは分かりましたが働きって知っていますか?

 

ビタミンDは体内では小腸上部(腸管)から吸収され
腎臓や肝臓で活性型と変化し2つの働きを持つようになります。

 

 

 ひとつ目の働きは腸管からのカルシウムの吸収です。

 

カルシウムは小腸上部で吸収され摂取され吸収をスムーズにします。

 

 

 ふたつ目の働きは骨形成です。

 

カルシウムのほとんどが骨や歯に存在してバランスを保っています。
そのバランスが少しでも崩れると血液と骨との間でカルシウムの
行き来が行われ常に骨や歯ではカルシウムがよいバランスを保たれているのです。
そしてそれらカルシウムをビタミンDが骨や歯へ定着させ丈夫な骨や歯と形成されます。

 

そんなカルシウムと相性のよいビタミンDを効率よく摂取するにはどんな食材を摂ればいいの?

 

ビタミンDは植物性のビタミンD2と動物性のビタミンD3に分かれますが,
ビタミンD2の含まれる主な食品はしいたけしめじなどのきのこ類の植物性の食品です。

 

 

特にきのこ類は太陽の光の紫外線を浴びた
干し椎茸はビタミンD2が豊富と言われています。

 

ビタミンD3の含まれる主な食品は鮭、かつお、さんま、ぶり、いわし、肝油、レバー、卵黄など魚類や肉類、卵など動物性の食品にビタミンD3が多く含まれます。

 

1239041.png

 

そんなビタミンDは太陽の光の紫外線にあたることにより私たちの皮膚でも合成されるのをご存知でしょうか?
日光を浴びることによって、ビタミンDがある程度体内で生成されるのです。

 

子供は外で元気に遊ぶとビタミンDが合成できる。ということですね♪

 

 

しかし・・・

 

現代の子供達は外で遊ぶ事をあまり好みません・・・

 

 

 

外で遊んでも1年中日焼け止めをしっかりと塗って
紫外線を極度に避けている子供達も多く日光にあたらない生活をしている事が多く、
ビタミンDの合成が不十分となり、結果不足することがあります。

 

その他、北国など日照時間の少ない地域に住んでいる事もビタミンD不足を招く理由の一つです。

 

紫外線にあたらない+好き嫌い の為、
ビタミンDを多く含むきのこ類や魚介類などの食品を食べないという子供は結果、
ビタミンDが不足しやすくなりカルシウムとの相乗効果が薄れます。

 

体が大きくなるにつれてビタミンDの必要量は増えていきます。
その体に合わせてビタミンDを効率よく摂れる食品を
好き嫌いしないでバランスの良い食事を心がけましょう。
そして毎日適度に太陽の光を浴びて、紫外線を浴びる事が大変重要です。

 

もしも、ビタミンDが不足してしまうとせっかっくのカルシウムが小腸から上手に吸収できません。
さらにビタミンDはカルシウムを骨の土台に沈着させる働きがありますので、
沈着がうまく出来ず丈夫な骨や歯の形成に問題が出てきます。

 

「くる病」という病名を聞いた事があるかもしれませんが
成長期の子供の場合、カルシウム不足は「くる病」の原因となることもあるのです。

 

日々のビタミンDを含んだバランスのよい食事と
毎日適度に紫外線にあたることがカルシウムを有効に利用でき
強い骨、歯の形成につながり健康な体へと導きます。

 

 

カルシウムとマグネシウムはバランスです!

 

カルシウムとマグネシウムはバランスです!・・・

 

そもそもマグネシウムって何? って感じですよね?

 

マグネシウムは知っているようであまり知られていない栄養素だと思います。
カルシウムを上手に吸収するには、マグネシウムとのバランスが重要です。

 

「カルシウム:マグネシウム=2:1」というのが理想の割合で
このバランスは大変重要でバランスが崩れると、
いくらたくさんカルシウムを摂っても、うまく吸収する事が出来ないのです。

 

場合によってはせっかく貯蔵したカルシウムが

溶け出し骨折の原因になることもあります。

 

マグネシウムは野菜など植物の葉緑素の成分で
骨や歯の形成生理作用代謝調節作用など必須の無機質栄養素です。
体内のエネルギーの産生酵素反応ホルモン分泌体温調節筋肉収縮
さらには神経調節神経の興奮を抑える働きもあります。

 

マグネシウムは野菜類いも類穀類豆類種実類藻類果実類魚介類など
実に多くの食品に含まれていて

特にアーモンドなどのナッツ類や海藻には豊富に含まれます。

 

 

マグネシウムを多く含むのは日本食に利用される食材に多いです。
納豆や豆類やなどの大豆製品、海藻などで
昔ながらの日本の朝ごはんに登場してくる食材なのです。

 

焼き魚に、豆腐とワカメの味噌汁、納豆、そしてごはんで日本の朝ごはんでマグネシウム
「朝ごはんはパン派!」というご家庭も多いと思いますがごはん派でマグネシウム補給も悪くないですよ

 

 

 

そんな体に必要なマグネシウムは1日どれくらい摂ればよいのでしょうか?
マグネシウムの推奨量は、10〜11歳の男子で 210mg 女子で220mgとなっています。

 

マグネシウム必要量摂取しカルシウムの吸収を高めてください

 

カルシウムに関わる栄養素でマグネシウムの他にも大切な栄養素があります。
それは子供カルシウムサプリでお馴染みの亜鉛です。 

 

亜鉛は、骨、骨格筋、皮膚、脳、肝臓、腎臓など、全身の細胞存在し働きは 
蛋白質DNAの合成に関わり子供達の成長期の成長促進味覚形成などです。 

 

その他、神経感覚免疫機能認知機能の維持調節と、子供の成長にとても重要な栄養素です。 

 

亜鉛は、魚介類肉類をはじめ穀類イモ類豆類きのこ類種実類野菜類果物類、など多くの食品に含まれ その中でも魚介類、肉類には多くの亜鉛が含まれています。  

 

最近の食事ではインスタント食品やファーストフードを食する事が多くなり普段の食生活でさえ亜鉛不足となっていますので日々の食生活にも亜鉛を意識する必要があります。

 

 

 

子供達の亜鉛の 推奨量 は10〜11歳の男子で7r 女子も同じく7rです。  

 

亜鉛は通常の食事においては過剰摂取が生じる可能性は少ないのですがむしろ亜鉛不足による欠乏症による悪影響が心配され不足しなようにしましょう。

 

子供カルシウムサプリはカルシウムはもちろん、マグネシウム、亜鉛などカルシウムの吸収を手助けする栄養素のバランスはバッチリです!

 

 

更新履歴